工法について

ジャイロプレス工法

護岸工事で地中に杭を打つ際に用いられる工法。鋼管杭の下に超硬ビットをセットし、圧入機械で回転させながら地中に圧入していきます。杭はφ600~1500に対応。低騒音・低振動が特徴で、周辺地域へのストレスを抑えられます。生分解性オイルを使用しており、例え油脂が流れ出しても自然界で分解されます。

  • 鋼管圧入工法

    油圧を使い連続して鋼管を圧入するため、港湾、河川、都市土木、橋梁など幅広い現場に、強固な構造壁を構築することができます。静荷重圧入力式のため、騒音・振動などの公害を発生させず、機器のサイズ自体がコンパクトなので、工事の影響範囲を最小限に抑えることができます。

  • 硬質地盤クリヤ工法

    地下空間を作るために川や地面を掘削しながら、同時に鋼矢板を連続して打ち込んでいきます。圧入工法の強みを継承しながら、同時に圧入工法では難しかった岩盤や玉石混じりなどの硬い地盤の工事に活躍。また、生分解オイルを使用しており、例え油脂が流れ出しても自然界で分解されます。狭い場所や整地されていない現場でも足場を作らずに鋼板を打ち込めるメリットがあります。

  • 上部障害クリヤ工法

    橋梁や高圧電線など、上部に障害物がある場合や、既存の建物の下で開発を行う場合など、厳しい空頭制限の元で工事をする際の工法です。低空頭専用機「クリアパイラー」とシステム化された機器で、効率的に鋼矢板などの圧入を実現。上部障害物を解体・撤去せず、インフラ機能を維持しながらの工事を可能にします。

  • 圧入工法

    地盤に油圧ジャッキを用いて鋼矢板を貫入させます。振動や騒音が小さく、地盤を乱さずに汚泥が発生しないところが特徴です。さらに水圧をかけながら圧入を行うウォータージェット併用工法で、砂や砂礫をかき分けながらスムーズに工事を行うこともできます。

  • バイブロハンマー工法

    クレーンで吊りさげたバイブロハンマーを上下に動かし振動させることで、先端の摩擦抵抗を低減させ、杭やH形鋼を地中に打ち込んでいく直接打撃工法です。非常にパワーがあるともに大きな騒音や振動が発生するため、主に海や山などの建物が密集していないエリアで使用されます。また、高圧水を噴射するウォータージェットカッタを組み合わせることもできます。

  • ダウンザホールハンマー工法

    岩盤や玉石など、他の工法では掘削できないほどの硬い地盤に適した工法。コンプレッサーからの高圧エアーでハンマーピストンを往復運動させ、先端に取り付けた超硬ビットで上から叩きながら鋼矢板やH形鋼を設置するための穴を掘ることが可能です。

  • フロート台船

    鉄製の四角い船=フロートを組み合わせた大きな船に、作業用の機械を搭載して、川や海の上に浮かべて作業を行います。桟橋を作ったり鋼矢板を打つなどの“作る”作業の他に、洪水を回避するために河口にたまる土砂を取り去る浚渫(しゅんせつ)も行うなど、水上土木工事の多様な困難を解消します。

  • エルモール工法

    道路下にマンホール及び下水道埋没菅を設置する際に、縦横に丸い穴を掘りながら同時に管を圧入していきます。対応する穴のサイズはφ1500-3000まで。ケーシング圧入機と掘削機が一体型・自走式なので、現場内の移動や立坑の芯出しが容易で、早く安全に掘れるため、工期の短縮につながります。

  • 仮設桟橋工

    主体工事の施工前に設置して主体工事の施工後に撤去する、作業用の仮桟橋を施工します。山、川、海、道路など、現場によってコンデションは異なりますが、環境や工事内容、経済性や安全性なども見極めながら、豊富な重機・工法の中からベストなものを選択し、スムーズな工事をサポートします。

  • お問い合わせはこちら

    お急ぎの場合はお電話からも受け付けております。
    お気軽にお問い合わせください。

    有限会社瑞穂重機

    025-259-4970(代表) 025-259-4970(代表)
    受付時間 9:00〜17:00(平日)

    瑞穂運輸 株式会社

    025-388-7975(代表) 025-388-7975(代表)
    受付時間 9:00〜17:00(平日)
    このページの先頭へ